マイクロスコープがある東京の歯科で根管治療

subpage01

歯の根が炎症を起こすと歯茎が腫れたり出血したりするようになります。
もともとは虫歯から始まり、細菌が歯の根にまで到達してしまうと、このような症状になって現れます。



歯の根の炎症は身体が疲れて免疫が落ちているときに突如起きてくることも多く、慢性化するとしっかりと根管治療を行わなければならなくなります。


通常は、薬を使って炎症を抑えて治療しますが、歯の根を肉眼で見ることができないために、勘と経験によって治療を進めていくことになります。

そのために歯科医のスキルによっては治ることもあれば、治らないこともあります。恐ろしいことに最終的に何度も炎症を繰り返すようだと抜歯を選択しなければならないことになります。



しかし、東京の歯科の中にはマイクロスコープという歯科用に改良した外科の手術用拡大鏡を使って、歯の根をしっかりと映し出して治療することができるところがあります。近くの歯科ではなかなか治らない、抜歯しかないと言われた場合、一旦そこでの治療を中断して、東京のマイクロスコープが置いてある歯科に切り替えるのも手です。
歯は抜いてしまえばもう二度と生えてきません。



根の炎症さえ抑えることができれば、まだ自分の歯を残すことが可能ですから、最後の最後まで諦めないことが大切です。マイクロスコープを導入している東京の歯科については、インターネットで検索すればヒットします。

注意点は保険が適用されないことです。


ただ抜歯してインプラントにするのに比べれば安く、その効果も大きいです。