渋谷の審美歯科で各種鎮静法のもとに行うインプラント

subpage01

渋谷の審美歯科では、歯科治療に不安感や恐怖感が強い患者さんも安心してインプラント治療が受けられるようにさまざまな配慮をしています。
そのひとつに、無痛治療・リラックス治療があります。



渋谷の審美歯科の無痛治療・リラックス治療では、麻酔を使って局部的な痛みを極力抑えることに加えて、精神的なリラックスで安心して治療に臨めるように鎮静法を行っています。


鎮静法の代表的なものに、笑気ガス鎮静と静脈内鎮静があります。
笑気ガス鎮静は、小児歯科の治療でもポピュラーな安全な鎮静法です。



亜酸化窒素とも言われる笑気ガスを鼻から吸入することで、緊張感や不安感が薄らぎます。

静脈内鎮静法では、痛み止めや安定剤などの向精神薬を点滴で静脈内に注射をします。点滴ですが全身麻酔のように意識がなくなることはなく、ぼんやりとリラックスした意識のうちに手術が終わります。


時間の間隔が鈍くなるのも静脈内鎮静法の特徴で、ある程度の時間がかかるインプラントの手術でもあっという間に終わってしまったと感じる方も多くなっています。



渋谷の審美歯科では、安心・安全な麻酔と鎮静法で無痛治療・リラックス治療が行えるように歯科医師の他に麻酔の専門医が在籍しています。各種の麻酔と鎮静法は麻酔専門医が行い、歯科医師はオペに専念しています。オペ中は全身モニターを稼働して脈拍や血圧、体温などの全身状態を麻酔専門医がチェックしていますから安心です。
年齢や、既往歴の関係でインプラントの手術に不安があるという方も、カウンセリングでその不安を詳細に伝えることができます。